【家づくり・照明】ダクトレールはおしゃれハウスの必須アイテム!?

登録してポイントゲット!

こんにちは、aymamaです。

最近のおしゃれハウスにはどの家にもあると言っていいほどおしゃれ照明の鉄板アイテム。ダクトレール。

ライディングレール、と呼ばれることもあるようです。

ダクトレールってなに?

ダクトレールとは、レール状の照明電源器具。

壁に直付けするタイプのものや、ひっかけシーリングに取り付けるタイプもあります。

我が家の場合は天井直付けです。

こちらはシーリングタイプ。

photo by pinterest.com/

我が家の直付けダクトレール。これは化粧梁にレールを取り付けています。

ダクトレールのいいとろこ

メリットとしては、レール上であればどこにでも照明器具を設置することができるので、自由度が高いです。位置や数その時の雰囲気に合わせて調整が可能。

店舗照明としても使われていることも多く、最近一般家庭でも使われている家も多く、よく見かけます。

どんな照明器具を取り付ける?

ダクトレールに取り付ける照明としてメジャーなものは、ペンダントライトやスポットライトが王道ではないでしょうか。

ダクトレール・ペンダントライト

我が家のダイニングはペンダントライトを。ARTWORKSTUDIOのフィッシャーマンズペンダントライト。


【ARTWORKSTUDIOオフィシャルショップ】Fisherman’s pendant(M)フィッシャーマンズペンダント(M)

こういうシンプルな感じもいいですね。

photo by pinterest.com

我が家はキッチンカウンターにこちらのBAUを2灯つけています。

ダクトレール・スポットライト

photo by https://jp.pinterest.com/

ダクトレール・スポットライトはレールとライトの色を合わせるのがポイント。

スポットライトは、向きを自由に変えることができます。※可動域はものによります。

壁面ディスプレイに照明をあてる、光を外して間接照明にしてみる。部屋の雰囲気をシチュエーションに合わせて変えることができます。

また器具自体の大きさが小さいので、他の照明器具を使った時と比べ天井が高くすっきりとして見えるところもスポットライトのいいところ。

ペンダントライトとの合わせ技もなかなか合います。

新築するなら直付けのレールがオススメ

これから建築される方には、ぜひ直付けのダクトレールをオススメします!レールの長さや取り付け位置、自由に取り付けできるのは建築前だけ!

我が家では、LDKに4本、寝室に一本ダクトレールを取り付けました。

中でも化粧梁+ダクトレールはかなり気に入っています。

この組み合わせをしている方もけっこういます。

照明はおしゃれな部屋作りに欠かせないポイントなので、ぜひダクトレール検討してみてはいかがでしょうか。

ではでは。

お読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です