LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

シンプル × ブルックリン。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

自然素材の壁紙でおしゃれ&快適空間を実現。



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

こんにちは、aymamaです。

GWもあっという間に終わってしまいました...。ちょうど1年前は大工さんが木工事の真っ最中、連休中も頑張ってくれていて家族揃って現場に足を運んでいたのが懐かしいです。

 

ではでは、床材に引き続き、家の面積の大部分をしめる壁。

どんな壁材や色、柄を選ぶかはかなり重要なポイントです。

 

選んだ壁材はコレ

LDK→珪藻土

LDKを除く全室→コットンソフィーナ

洗面所の一面のみ→サンゲツのアクセントクロス

 

珪藻土とアクセントクロスはオプション品。コットンソフィーナは標準仕様です。

 

アクセントクロスについてはこちらの記事をご覧ください。

www.i-love-ourhome.com

 

珪藻土を選んだ理由

f:id:d-ayaco0210:20170402213117p:plain

 

一番は見た目の雰囲気

塗り壁にも色々な塗り方がありますが、クロスには出せない独特の雰囲気が部屋のおしゃれ度を格段にアップしてくれます。

最近ではコストを抑えるために珪藻土や漆喰の施主工事をする方もいらっしゃるほど。

おしゃれなお家雑誌でも塗り壁を採用されているお家は多いです♪

 

もちろん性能もよし!調湿性能に優れている

珪藻土には無数の小さな穴が空いていて、その小さな穴が湿気を吸ったり、出したりするのです。

夏のジメッと湿気が多い時は湿気を吸い取り、冬の乾燥時期は放出するので室内が快適な湿度に保たれます。

また水を直接吸収するので、壁に水が飛んでもすぐに乾いてしまうのです。

最近では珪藻土を使ったバスマットやキッチン用品も多く出ていますよね。

また脱臭効果もあるそうです!

 

珪藻土の含有率が高ければ高いほどその効果は上がっていきます。

我が家が使用したのはMPパウダー(L)という含有率が低いもの。確か15%くらいだったかな...

含有率が高くなるほどお値段が上がっていったのと、どんどん黄色味がかった色になっていくので、雰囲気に合わずそちらを選択。

含有率は低いですが、十分効果はあります!

 

ちなみに漆喰も人気の塗り壁ですが、工務店では漆喰の扱いがなかったので珪藻土にしました。

ここは注意。珪藻土は削れやすい

わたしが唯一感じた、ちょっとした欠点は、削れやすいということ。

ちょっとした衝撃で削れて、ボロボロと細かい砂のようなものが落ちてきます。

f:id:d-ayaco0210:20170507215932j:plain

 

ただ、この削れすぐに補修できます。

多少の削れであれば水で濡らしてトントンっとすれば目立たなくなります。

引き渡し時に補修用にとMPパウダーを頂いたので、少し追加すればほとんど気にならない状態に。

こういう点で、むしろクロスより手入れはしやすく長持ちする優秀な壁材です!

 

コットンソフィーナってどんな壁紙?

通常のクロスはビニール素材ですが、コットンソフィーナは自然素材であるコットンを使った壁紙で人体にも優しく、調湿効果も優れている素材です。

 

見た目はビニールクロスとそこまで大きく変わりませんが、よく見てみると自然素材ならではの温かみがあり、肌触りも柔らかです。

デリケートな素材なので、強くこすると毛羽立ちます。

わかりにくいですが、こんな感じです。光の関係でオレンジがかって見えますが、真っ白です。

 

f:id:d-ayaco0210:20170507220337j:plain

 

機能性はとても良い壁紙ですが、柄はあまり種類が選べません。

無難に白の塗り壁風のものを選びましたが、機能性より壁紙で雰囲気作りをしたい方にはあまり向きません。

 

www.tokiwa.net

 

 

床材と同様、壁材も自然素材が使われている(断熱材も羊毛)、我が家。

帰宅するとほのかに香る木の香り。

調湿性能が高いおかげで快適な体感、自然のものに包まれているという暖かさが居心地の良い空間を作り出しています。

 

ではでは。

お読み頂きありがとうございました。

 

参考になる情報がたくさん!わたしもお家作りの際は参考にさせていただいていました!ぜひ覗いてみてください。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

ランキング参加中。ポチッとしていただけると励みになります♪