LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

シンプル × ブルックリン。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

壁に穴を開けたくない!でもウォールディスプレイを楽しみたい方におすすめのアイテムをご紹介。



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

入居後すぐは壁に穴を開けることを躊躇していましたが、やっぱりなんだか寂しくて数ヶ月後に始めたウォールディスプレイ。

新しいお家に穴を開けるのは勇気がいりますよねw

我が家で大活躍中の壁をほとんど傷つけずウォールディスプレイを楽しめるアイテムをご紹介します!!

f:id:d-ayaco0210:20170418132535p:plain

ピン針は壁にほとんど穴も開かない上に留め具が目立たない。 

f:id:d-ayaco0210:20170914131635j:plain

ご存知の方も多いとは思いますが、ピン針は小さい釘のようなもの。ほんとーに小さいです。

が、そのおかげで壁にほとんど穴が開かず小さい故に留まっている箇所がほとんど見えないのでインテリアの邪魔になりません。

500本入りで200円もしないのでコスパもかなりいいです。

もちろん壁にさすので全く穴が穴かないというと語弊があるのですが、開いていないに等しいほどの小さなものです。ピン針自体1mmにも満たないようなホソーーイものなので。

もちろん穴を開けずとも、ポスターや写真を貼る方法はあります。

例えばセロテープとかひっつき虫とか。以前試したことがあるのでわかるのですが、穴は開かないけれど代わりに壁紙が汚れたり、写真やポスターもベタベタになったりとデメリットが多いので個人的にはあまりおすすめできません。

簡単!ピンばりの付け方。

あえてご紹介するほどのものではないかもしれませんが、、よければご覧くださいw

トンカチでピン針を叩いて壁に固定。この時あまり深くまで入れすぎ注意です。

ピンばりを上に向かって少しおる。こんな感じです。

f:id:d-ayaco0210:20170915220635j:plain

これをすれば額縁も問題なくかかりますし、落ちてしまうこともありません。

我が家は全てこの付け方で額縁やポスターを飾っています。 

細さゆえに壁から抜ける可能性もあるので注意。

便利なピン針ですが、ちょっとした欠点もあります。

それは細いためちょっとした衝撃がかかると抜けてしまう可能性があるということ。

画鋲と同じようなものですが抜けて床に落ちてしまうと危ないので、そこは注意が必要です。特に小さなお子さんがいる場合は。と言いつつ、早々抜け落ちることはないです。 

コスパ最高のピン針で穴を気にせず思いっきりウォールディスプレイを楽しんでみてください♪

 

ではでは。

お読みくださりありがとうございました。

 

ポチポチッとしていただけると更新の励みになり嬉しいです(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

ブログ村に登録いただいていない方でもOKです!!よろしくお願いします〜。

↓ ↓ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村