LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

ナチュラル × インダストリアル。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

3歳息子映画デビュー。きかんしゃトーマス 走れ世界の仲間たち。※一部ネタバレあり



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

こんにちは、aymamaです。

今回は久々の息子ネタです。

 

先日息子映画デビューしました!記念すべき映画1発目は大好きなトーマス。

走れ!世界のなかまたち。

movie2017.thomasandfriends.jp

 

そろそろ映画デビューさせよう、と言うよりトーマスの映画みたい!と言う息子のリクエストで今回の映画鑑賞が決まりました。

 

映画デビューは何歳から??

f:id:d-ayaco0210:20170427213043p:plain

引用元 http://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/pdf/enquete.pdf

ベネッセが過去に行ったアンケート調査では、3〜4歳でのデビューが多いようです。

映画へ連れて行く上での一番の判断基準は、

長い時間じっと座っていられるかどうか?

がポイントになってくるかと。

 

息子は家でトイストーリーやカーズ、長めのアニメもじーっと見ているので、もう大丈夫だろうと判断。トーマスの映画は1時間ちょっとなのでデビューにはちょうどいいと思います。

 

映画料金はいくらかかるの??

f:id:d-ayaco0210:20170427214244j:plain

映画館によって多少料金が異なる場合があるようですが、3歳以上〜料金がかかってきます。

トーマスに限っては2歳以上〜幼児の料金が掛かります。

最寄りのイオンシネマでは3歳以上〜900円でした。

座席にも1人で座っちゃいますからね。小さくてもいっちょ前のお客さんです。

 

鑑賞する際に気をつけたこと 

映画の前にはちゃんとトイレに行くことが重要。

すでにオムツは取れているので、上映中になるべく席を外すことがないようにしたいですよね。

記念すべき映画デビューだったのでパパがジュースとポップコーンを買ってあげていましたが、ジュースは飲みすぎないようにセーブさせました。

映画前にきちんとトイレに行けるかどうかも大きなポイントになりそう。

 

息子の反応。

映画館に到着する前車内でウトウトしてしまったので、ラスト数分は「もうかえる〜」と言っていましたが。

終始じーーーっとスクリーンを眺め、時にはポップコーンを食し、映画を楽しんでいたようです。

暗がりを恐がる様子はありませんでした。

 

館内の様子

郊外にあるイオンにある映画館だったので、人もそこまでおらず、館内はむしろガラガラ。
お客さんはみんな親子連れ。一番大きい子で小学校低学年ぐらいだったと思います。
話し声や子供のリアクションは時折ありましたが、泣いたり愚図ったりする子はいませんでした。
子供向け映画であればある程度、迷惑をかけてしまうのはお互い様という空気はあると思います。急にぐずり出してしまったり、鑑賞中に声を出してしまったり、小さい子供ではしょうがない部分もあるので。

 

【ネタバレあり】走れ!世界の仲間たち。はどんなお話?

大まかなあらすじはこちら。

世界中の機関車が集まり、スピードや力を競う「グレート・レイルウェイ・ショー」が開かれることが決定。ソドー島の代表になりたいと願うトーマスだったが、小型機関車のトーマスが世界の機関車に勝てるわけがないと言われてしまう。出場する機関車は、トーマスと同じ小型機関車であるインドのアシマやブラジルのラウルなどの強敵ばかり。そんな中、悪賢くもめごとをよく起こすディーゼルまでもが、ショーに出場しようと考えており……。

引用元:https://myhome-juku.com/pairglass-ketsuro/

トーマスの映画を見るのはこれが初めてなのですが、今回のお話はトーマスの仲間たちが歌うシーンが多くミュージカル的な要素がありました。

グレートレールウェイショーにどうしても出場したいトーマスは、自分のような小さな機関車のままでは選ばれないと他の誰かになろうと奔走します。

そこへ現れた新キャラクターのアシマやおなじみの他の仲間たちにトーマスらしさを気づかせてもらうといった内容でした。

無い物ねだりをしない。自分は自分。自分の良い所に気付こう。自分に自信を持って。

というようなメッセージ性を感じました。子供のアニメって案外深いんですよね。

 今回の主要キャラクターは、こちらにも載っていますが、

映画 きかんしゃトーマス「走れ!世界のなかまたち THE GREAT RACE」

お馴染みのキャラクターたちは、トーマス、ディーゼル、パーシー、ゴードン、ヘンリー、エミリー、ジェームス、フィリップ、あたりが主になっていて、それ以外のキャラはちょっぴり画面に登場する程度でした。

子供に割と人気のヒロはほとんどでてなかったな。

映画に合わせたグッズも販売しています

映画より先にフライングで、じーじに買ってもらったシューティングスターゴードン。

流線型のゴードンです。流線型タイプのトーマスも売っていました。

 

こちらはフライングスコッツマン。なんとゴードンのお兄ちゃんです!

ゴードンに兄弟がいたとは初めて知りましたよー。

 

おわりに

わたしも主人も久々の映画でしたが、子供の映画を家族でみる日が来るとは....。

息子も喜んでくれたので、とても良い映画デビューになりました!

 

ではでは。

お読みくださりありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。ぽちっとして頂けると嬉しいです♪

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村