LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

ナチュラル × インダストリアル。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

【家づくり キッチン】こだわり編その2・造作カップボード



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

こんにちはaymamaです。

キッチンこだわりその2。続いては造作カップボード!

造作カップボード

いわゆる作り付けの完全オリジナルの食器棚です。サイズや材質、色見、取っ手、全て自分たちで考え、図面におこしてもらい、大工さんに作ってもらいました。

カップボードはハウスメーカー工務店ではなくオーダー家具専門のお店に依頼することもできます。我が家の場合はビルダーの工務店さんが造作が得意だったこともあり、そのままおまかせしました。無垢材の素敵な食器棚が。オーダーキッチン 木のすず

家づくりの大きなポイントに収納の多さをあげていたので、もちろんキッチンもできるだけ収納スペースを多く取りたかった。

そしてやっぱりおしゃれにしたい。人とかぶらないオリジナルがいい!

と言うことで造作キッチンは諦めましたが、カップボードは外せないポイントでした。

こだわったポイント

 

  • 炊飯器、トースターを可動式のレール棚の上に配置(なるべくめだたないように)
  • 作業スペースをつくる
  • 中断スペースに見せる収納としてニッチ&光を取り込む窓
  • ゴミ箱配置スペース確保
  • アイアンの取っ手
  • パイン材

図面を作成

こだわりポイントはしっかり盛り込みながら、実際に使うイメージをして収納の寸法を計算していきました。

炊飯器やトースター、ゴミ箱など大きさが確定しているもののサイズを測り(赤丸部分)、カップボードに使えるスペースに合わせて棚や引き出しの大きさを決めていきました。

ここで少し悩んだのは赤い四角部分。冷蔵庫スペース。今の冷蔵庫は結婚した時に購入したものなので、少し小さめサイズ。次に買い換える時はサイズが大きくなるだろうと予想し広めにスペースをとりました。今の所冷蔵庫とカップボードの間にエレクトロラックスの掃除機が置けるほどスペースが余っています。

f:id:d-ayaco0210:20170323220221p:plain

これは完成系の図面。今はもう手元に残っていませんが、手書きで、設計図を書いていました!

 

こだわりのアイアンハンドル

取っ手は黒のアイアンでシンプルなものを探しました。

お店まで実際に足を運ぶ時間もなかったので、ネットで色々と探し回りました。

購入したのはこちら。

Mサイズ: 高さ35×幅153×厚み9(mm)無塗装オイル仕上げ 

S、M、Lとサイズが3つあり、真ん中のMサイズを。

手が大きめの主人でも楽々つかむことができる幅と、太すぎず細すぎずのちょうどいいサイズ感。ハンドルを止めるネジ穴が外から見えないところもすっきりしています。マットな質感も求めていた雰囲気にぴったりでした。少し予算オーバーでしたが。。w

f:id:d-ayaco0210:20170323225616j:image

 こういうタイプもシンプルでいいなーと思いました。


取っ手 / アイアン 引き出し ハンドル

こちらも素敵。


【インダストリアル アイアン ドア ハンドル 取っ手 プル アンティーク調 アンティーク風】ロートアイアン ハンドルL

ニッチと飾り棚と横長の窓

上下の棚とのスペースは電子レンジやポットを置きたかったのと、料理する際に作業スペースとしても使いたかったので、できるだけシンプルにしつつ遊び心も盛り込みましたw

以前も紹介した本に掲載されていたお家のキッチンを参考にしました。キッチン以外にも色々と参考にさせていただきましたよ〜。

30代夫婦が予算内で建てた ナチュラル&カフェみたいな家 (私のカントリー別冊 Come Home!HOUSING 5)

f:id:d-ayaco0210:20170324085802p:plain

photo by http://www.tomine.co.jp/

赤枠で囲った部分。窓の幅と合わせて2段になっているこのニッチ。素敵!

我が家も2段作りたかったのですが、幅が狭く2段作るとバランスが悪いので却下。

代わりに余ったスペースに棚板を2段つけました。

こちらのお家がビルダーさんのページで紹介されています!とっても素敵ですよ〜!

www.tomine.co.jp

材質はパイン材

木にこだわるわたしたち夫婦、カップボードの材質はちろん木。パインの修正材を使用しました。統一感を出すために色味も床と合うようにし、リボス・カルデットのウォルナットを1回塗りで塗装してもらいました。どうしても木なので、経年とともに多少の変形や色味の変化がありますが、これぞ味です!今後の変化が楽しみです。

 

大満足の仕上がりと気になるお値段

こんな感じで我が家のカップボードは完全オリジナルで作りました!

唯一造作カップボードにして欠けてしまったのは、メーカー商品は耐震ロックやソフトクローズの機能が付いているものが多いですが、造作の場合そういったものがつかない場合もあります。我が家はなかったので、後から耐震対策をしました。(上段の棚はまだできていません。。。)

と言ってもそこまで気になるポイントではなかったです。

リビングからもよーく見えるカップボード。部屋にも馴染んで大満足の仕上がりです。 

ちなみに手前のカウンターと右端に見える棚も造作してもらいました。こちらについてはまた別記事で書きたいと思います。f:id:d-ayaco0210:20170324093612j:image

気になるお値段は約40万円ほど。既製品についてはほとんど調べていないので価格感がよくわかりませんが、メーカー品ならもう少しお安いはずですw

結構掛かりましたが、一生ものなので大奮発!

ではでは。