LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

ナチュラル × インダストリアル。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

【家づくり キッチン設備】リクシル・AS14



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

こんばんは、aymamaです。

今日はキッチンの仕様について書きます。

我が家のキッチンは工務店の標準仕様。

リクシル<AS14>

ASシリーズはビルダー向けの商品で、リクシルの商品を扱うハウスメーカー工務店向けに、特別価格で提供されるモデルのようです。

 

アップグレードした設備

  • レンジフード(よごれんフード)
  • 水栓金具(グースネックエコハンドル)
  • 浄水器
  • ガスコンロ(ひろまる)

 

よごれんフード

リクシルのレンジフードの中で一番お手入れが簡単な優れもの。

これは是非おすすめしたいです!

気合を入れないとなかなか手を出しづらいレンジフードのお掃除ですが、本当に簡単。約10分ほどあればさっと綺麗になってしまいます!

これはお金をかけて本当に良かったと思っています!

f:id:d-ayaco0210:20170319205551p:plain

この写真の通り、取り外してさっと洗って拭くだけ。取り外しだって本当にかんたん!

以前のアパートでは取り外しにトライバーを使っていたので、こんな簡単にお掃除が終わってしまうなんて夢のようです! 

 

グースネックエコハンドル

完全に見た目重視でこちらに変更。

f:id:d-ayaco0210:20170319204057j:plain

標準タイプと違うのは見た目のみ。こちらが標準タイプ。ホースも引き出し可能で使いやすさはどちらも大差ないと思います。グースネックの湾曲した曲線がすっきり感があっていいな、という単純な理由ですw

f:id:d-ayaco0210:20170319204408p:plain

 

浄水器

まずいるかいらないかでとっても悩みました。

f:id:d-ayaco0210:20170319204855p:plain

ぶっちゃけ飲み水は水道水でもいいわけですしw

麦茶も沸かしてるし、なくても困らないかなーと。

将来的にウォーターサーバ頼むのもありかな?とか。比較サイトを見て検討。

わたしの実家では浄水器を使っていて、とても便利だった経緯から、思い切って浄水器を付けました!

xn--o9j0bk3465betqr2af28o.com

結果的にとても役に立っています!やっぱり水道水よりおいしい!

 

ひろまるコンロ

標準のコンロも3口あり、それでも十分だったのですが、ひろまるコンロはさらに広々、コンロ同士の間隔にもゆとりがあり、よごれがつきにくいファインコートトップ!とっても使いやすいです!

f:id:d-ayaco0210:20170319210241p:plain

 

カットしたもの

  • 食洗機

標準で付いていた食洗機を取りやめ、収納にしました。

食洗機なんて便利そうなもの、やめてしまったのは、将来的に壊れてしまった時単純にお金がかかるから。そうそう壊れるものではないとは思いますが。

今までも使ってこなかったので、洗ってふけばそれでいいかな、という発想。あったらあったで忙しい家事の時間を節約できるんだろうけど、、使ったことがないのでそこまで苦ではありません。

本当はやりたかった!ヤマゼンのおしゃれレンジフード

f:id:d-ayaco0210:20170319210920g:plain

よく雑誌に載っているようなおしゃれなおうちでは使われているヤマゼンのレンジフード。キッチンがリビングからよく見えるので、おしゃれレンジフードかなり憧れました!

が、しかし!工務店さんと提携していたわけでもないので、これにするとなると相当の増額。あと、どちらかというと、そんなにお金がかかるくらいなら少し+αしてお手入れ簡単のよごれんフードの方がよかった!というわけでおしゃれレンジフードとはさよならしました。

 

アップグレード費用は??

気になる増額費用は約350,000円です!けっこうかかりました。キッチンはけっこう贅沢しました。もともと造作キッチン(約80万ほどだったかな)希望だったので、それと比較すると安い方かなと思い思い切りました!

一生のうちに一度のことだろうと思うとつい何でもやりたくなってしまうので危険ですw

思い切ったかいあって、毎日のお料理とても快適です。我が家は夫婦揃って料理をするのでキッチンはこだわってよかったです。

キッチンについては設備の他にも造作のカップボードや、カウンターキッチンをつけたりとまだまだ書ききれないことがたくさんあるので、また後日まとめます!

それでは!