LOVE OUR HOME

LOVE OUR HOME

ナチュラル × インダストリアル。素材と雰囲気にこだわった30代夫婦の家づくりブログ。ときどき息子。

家づくり 断念したこと、その理由



初めての方に読んでほしい注目記事はこちら!

【シェアする】

こんにちは、aymamaです。

間取りや設備関係含めてやりたかったこと、実際にどれだけ実現したか振り返ってみます。

初期段階での要望はざっとこんな感じ。

 

 

リビングイン階段

吹き抜け

ウッドデッキ

シューズクローク

造作キッチン

造作カップボード

化粧梁

広めのバルコニー

ウォークインクローゼット

収納多め

高気密、高断熱

自然素材

メンテナンスフリー

 

この中で、半分以上は実現しました!

予算の関係で叶わなかったものや、よく考えてみたら必要なかった、などなど打ち合わせしながら取捨選択していきました。

断念したものとその理由をまとめてみました。

 

狭くて断念

吹き抜け

吹き抜けは抜けている空間がある分、2階のスペースをどこか削る必要が出てきます。

理想は、リビングから吹き抜けがあって上下階で会話ができちゃう!

という形をとることができればよかったのですが、、3LDKの我が家。収納もたくさん欲しかったので、部屋をつぶすことも出来ず。

 

リビングイン階段

f:id:d-ayaco0210:20170313213002j:plain

出典:家づくりブログ

L字の間取りのせいもあり、階段をリビングに持ってくると家全体の間取りのバランスが崩れてしまうので断念。

 

リビングイン階段を取り入れているお家は沢山ありますが、メリットデメリットあるようです。

 

<デメリット>

冷暖房効率の低下

料理しているにおいが上にあがってしまう

音が響く

 

<メリット>

コミュニケーションがとりやすい

リビングが広く見える

 

細かく解説してくれているサイトなんかもあります。

www.polaris-hs.jp

 

ウォークインクローゼット

SATCのキャリーの部屋を見て、WIC憧れでした!服選びもしやすそう、そして何より好きな服をショップのように収納できてうきうきするだろうな〜。と夢見ていましたが、、収納場所に加え余裕で人が歩いて通ることのできるスペースが必要です。

f:id:d-ayaco0210:20170313134605j:plain

出典:suvaco.jp

一度図面にWICを入れてもらいましたが、

奥行き約1800mm、幅1200mmほどの小スペース、尚且つ斜線制限の関係で、WICを配置する部分は天井が一番低い場所になっていたのでさらに小スペース(泣)

片側部分にしか物が置けないような、、夢にはほど遠い。。

f:id:d-ayaco0210:20170313211956p:plain

収納力も落ちるのでとりやめ!

3、4畳以上スペースがあれば素敵な空間になりそうです。

 

予算オーバーで断念

造作キッチン

キッチンはアイランドかカウンターキッチン!

リビングから見えるから、キッチンの周りは無垢の板張りが良いという単純な理由で造作を希望していました。

造作のカップボードも作りたかったので、キッチンまで造作にするととんでもなく予算オーバー。

ここは標準のシステムキッチンに板張りの造作をすることにし、造作キッチンはやめました。

キッチンについては今後別記事で詳しく書く予定です!

 

メンテナンスフリー

経年と共に外壁、屋根、床板が傷んで補修工事が必要です。

ビルダーの中にはメンテナンスフリーと謳って、工事不要で長ーく住める家をコンセプトに良い素材を使っている所が多くあります。

最後まで候補になっていたビルダーさんでは、

外壁、屋根、床板、メンテナンスフリーでした!その分オプション無しの基本価格が高めで、オプションを追加する余裕が無く、我が家には手が届きませんでした。

 

 やりたいことをやる前に、よーく考えてみてください

ご紹介した5つは夢のままで終わりましたが、結果的にはやりたいことたくさん詰め込んだ素敵なお家になりました!

最初はやりたかったけど、検討していくうちに必ず方向性は変わっていきます。

ご家族と話し合って理想のお家づくりを楽しんでくださいね。

わたしたちも一生に一度のマイホーム!悔いを残したくない!と思い、ブログやRoomclip、Instagram、本、とにかく情報収集を欠かさず、毎晩のように主人と話し合いました。

そして、わたし達夫婦のバイブルとして大活躍してくれた本がこちら。 

 

 

素敵なお家ばかりで真似したいポイントもたくさん。

穴が開くほど読みました(笑)